情報テロリズム

ゲーム感想等をやるブログ
情報テロリズム TOP  >  スポンサー広告 >  FF14 >  FF14、無料期間延長+修練値入手ルール変更など

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FF14、無料期間延長+修練値入手ルール変更など

FF14_01s.jpg

ユーザーインターフェースの見直しおよび機能の追加について(2010/11/17)

どれもこれも製品になるときに修正されるような内容ですね。
いまさらってかんじでしょうか。
アイテム所持数も増えるのもいいが、リテイナーの利便性をもっとよくしてもらいたいですね。
リテイナーにバザー支持するとリテイナー街にリテイナーがいくわけですが
アイテム受け渡しはリテイナー街にわざわざいかないといけない。
バザーさせてなかったら、リムサとかの街でアイテム受け渡しできるんですが。
このへんもどうにかならないかな。
バザーさせてもさせなくても、リテイナー街に行かなくてもすむようになってほしい。
特に合成などをしてると、設備借りるのにNPCにあわないといけないし行ったりきたりになる。

モンスターの配置調整について (2010/11/18)

追加配置。
モンスターの配置は結構悪くないとおもう。
ちょっと固まりすぎなとこもありますが、連戦前提のゲームだしそれはそれでいい。
あとはNMですが、このへんはどうなるか。
業者もかなり多いし、時間+抽選はちょっときびしいかも。

バトル全般におけるキャラクターの成長について (2010/11/19)

>命中率について
>アクション全体の物理攻撃/魔法攻撃の命中率を引き上げ、
>物理攻撃がは当たりやすく、魔法はレジストされにくくなります。

>バトルにおける修錬値の取得について
>バトルにおいての修錬値の取得方法が、行動による取得から、
>経験値と同様に敵を倒したときにパーティメンバーが取得できるよう変更されます。
>それによりパーティメンバーのクラスによる取得修錬値の偏りが少なくなります。
>また取得方法が変更されるのに伴い、全体的な修錬値の取得量も多くなるよう調整され、
>少人数のパーティでも成長しやすくなります。

これもブログで書いてた問題点を修正してますね。
というかどこいっても言われてる内容ですがw
昨日あたりからファイター系をちょっとあげてますが
斧は本当にスカスカwですね。命中はさすがにあげないとやってられねえw

あとバトルの修練値入手ルールですが、これはどうだろうか。
これによってR24の修練値補正がなくなってくれればいいが。補正がなくなるとは書いてないし。
計算式が変わっても結局R24から修練値はしぶいままというのもスクエニならあるw

それと、ソロで斧を1-10まで2時間ほどであげましたが、これ以上入手修練値が増えるとはおもえない。
緑ー黄色で150-200前後、赤で250-500ほどかな。
現状500キャップなんで、これ以上あげるとなるとキャップなくさないといけない。
緑ー黄色程度の敵で300ぐらい貰えるようになると、赤の敵だと倍以上貰わないとやらないし
PTもあまりやる人がいなくなるんじゃねーかな。
と、ここまで書いて気がついたのが公式がパーティのことしか書いてないw
ソロのR24修練値補正はわからなくなってきましたね。
パーティでも500キャップをなくさないと現状以上に増えないとおもうが。

というかんじで来週にバージョンアップがあるようですが
あまりワクワクするような内容でもないし、やってて当たり前の修正だらけですね。
無料期間延長で12月もちょろっとやりますが
とにかく修練値関係をいじってもらわないとやるきがでない。
NMなんて配置されたって倒せないなら意味ない配置だし。
はたしてどうなるんでしょうか。
[ 2010/11/20 13:07 ] FF14 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサー
プロフィール

がじじ

Author:がじじ
FC2ブログへようこそ!

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクも募集中。
適当な記事にコメント残しておいてくださいー。
Play Station3:クラシック・ホワイト
クラシック・ホワイトモデル発売
whiteps301.jpg
PlayStation 3(160GB) クラシック・ホワイト
Apple Magic Mouse
Apple Wireless Keyboard
ユニークアクセス人数
ページビュー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。